7月 | 2019 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ 2019年07月の記事一覧

2019年 7月 31日 【間違いは合格へのヒント】 用 悠人

皆さんこんにちは!です

おとといニュースで知ったのですが、

どうやら関東ももう梅雨が明けたらしいですね

めちゃめちゃ暑いです。

 

夏は外にいるとすごく暑く

反対に、電車や施設内などは冷房ガンガンで寒いです

 

なので結構体調崩しやすかったりするんですよね。。。

用も現在少し喉が痛くてつらいです(泣)

 

時間の多くとれる夏に体調をを崩してしまうともったいない!!

なので、体調管理には気を配ってくださいね!!!

 

さてさて、長くなりましたが本題にはいりましょう

 

今回のテーマは「過去問の進め方です」でしたね

これまでのブログでも 「量の大事さ」 がいわれていたと思います。

 

もちろんたくさんやればその分、相手大学のことがよくわかるので

ぜひ皆さんも過去問には時間をしっかり割いてください!!

 

ただ、僕が今回伝えたいのは

『解いた後の行動』です

 

過去問演習をするうえで一番大切なのは、

 

どこが合っているかではなくて

どこを間違えたか

 

です!!!

 

正答率とはもちろん数字として大事で合格との差を

なんとなく計ることができます

 

ただ本当に大切なのはそこじゃない!

ということを少しでもわかってほしい!!!

 

合っていたところは身についていても

解けなかったところは大学が求めていても自分ができなかったところなので

 

そこを埋めることが合格への道です!

 

そこで僕が実際にやっていたのは

これまでのブログにも何回か出てきましたが

「過去問ノート」を作ることです!

 

ここには、数学だったら間違えた箇所を含む大門

をまるまるコピーしてノートの左側にはり

右側にはその解き方を書いていき

色ペンで考え方手順のこつなどを書いていきます!

 

僕の場合はここにただ解き方を書くだけでなくて

問題とはあまり関係ないそのときの感情とか

関係ないことも割と書いていました。(笑)

(意外と大事だったりします)

 

そのように自分なりにまとめることによって

2回目以降に解き直しをしたときの

定着度がまるで違っていきます!!

 

ぜひ過去問の間違いを分析する時間を確保して頑張ってください!!

 

明日のブログは

 

おなじく元高校球児の先輩

鈴木担任助手です!

 

 

****************

 

 

 

 

 

2019年 7月 30日 【過去問演習 Fight!】稲田帆

こんにちは!

最近、暑すぎませんか!?

 

夏は長期休みがあるし楽しいイベントも

たくさんあるので夏が好きな人も多いと思いますが

稲田は夏があんまり好きじゃないので

早く涼しくなんないかなーって気持ちでいっぱいです(笑)

 

最近はテスト期間なのでほぼ毎日カフェで勉強してるんですけど

こんなに勉強したのは受験の時以来でその時より全然集中できないので

全く捗らないのでつらいです。

 

みなさんは勉強は捗っていますか?

 

この時期はセンター演習をやっている人が多いと思います。

谷口担任助手が僕のことを数学と物理のエキスパートと

紹介しましたがこの時期は質問が多いので一苦労です(笑)

 

みなさんは過去問演習をどのように行なっていますか?

 

今日は二次・私大の過去問を僕がどのように

進めていたのかを話していきたいと思います。

 

まず他の担任助手も言っていたと思いますが

計画を立てることは大前提です!

 

二次・私大の過去問を10年分一周するだけでも

ものすごい時間がかかります。

なので計画なしでは入試本番まで間に合わないです!

 

僕は第一志望が東京理科大学の理工学部だったので

理工学部の問題を主に解いていました。

ですが、理工学部の問題では物足りなかったので

理学部や工学部の問題を解いていました!

 

同じ大学でも学部によって問題が違う大学も

結構あるので第一志望の学部をやって余裕がある人は

そういう風にやっても良いと思います!

 

理系の人によくあるのが

 

数学の1A・2Bはセンター演習をやっているから

二次・私大の過去問も解けるけど

数3はセンターで出ないので演習が足りないせいか

全然手が出ないというという人が多いです!!

 

そういうことを人にオススメなのが

 

法政大学の過去問を解くことです!!

 

法政大学はセンター試験と同じような形式で

誘導が付いていて穴埋めの形式

なので数3でいきなり記述を解くのが厳しい

という人はぜひ法政大学の過去問をまず解いてみるといいと思います!

 

自分の第一志望の過去問を解くのは当然ですが

いろんな大学の過去問も見てみると良いと思います!!

 

明日のブログは

用担任助手です

 

 

****************

 

 

2019年 7月 29日 【過去問のプロが贈る過去問演習の極意】 谷口

こんにちは!

今学期の試験も残す所1つとなりました……

大河原は試験終わってますが、僕はまだ終わってません笑

進学が掛かっているので、緊張しながら試験を受けていますが、

なぜか大学入試より緊張します、

なんででしょうね……

 

さて、今日は

「過去問演習の進め方」

をお話ししたいと思います。

 

昨日のブログで大河原

「第一志望の過去問を推定100年分解いたよ!」

ということを言っていましたが

僕も

実質100年分

解きました。

内訳は10年分×5科目×2周です。

僕の場合は第一志望だけで1世紀分、不思議ですね……

 

なぜこんなにたくさん解いたのか?

答えは簡単。

どうしても東大に行きたかったから。

 

「大河原と同じじゃないか」

そう思うかもしれません。

 

でも、それは当然なのです。

だって、僕も大河原も、

本気で自分の第一志望に行きたい

と思っていたのだから。

 

過去問演習は、ただ問題を解いて

○×つければ終わり、ではありません

問題で聞かれていることを把握し、

どの知識や解法を使って解くかを吟味し、

正しい答えをどのようにして得ればよいのか、

あるいは

どのように正しい解答を記述すればよいのか、

とことん過去問と向き合い

とことん過去問を知り尽くすことになります。

むしろ、それぐらい本気で挑まなければ

第一志望に合格するのは難しいでしょう。

自分の今の学力よりも高い志望校ならばなおさらです。

途中で心を折られることもあるかもしれません。

 

でも、それでも本気で第一志望に合格したい

その思いがあるならば、

きっと過去問を解くのが楽しく思えてくると思います。

 

僕が考える、過去問演習の取り組み方は3つ。

 

➀本気で第一志望に合格したいと思うこと

➁過去問10年分×2周を解きつくすこと

(私大志望なら3周!)

③過去問を分析し、傾向や対策を知り尽くすこと

 

この3つを必ず完遂してほしいです。

でもこれは合格の必要条件(最低限の条件)でしかないことを

忘れないでください。

 

しかも、➁を完遂するには長い時間がかかります。

他の受験生に足並みをそろえていては間に合いません。

少しでも早く取り組めるよう、今の学習を計画的に進めて、

1日でも早く過去問演習に取り組めるように

頑張りましょう!!

 

 

明日のブログは?

数学と物理の質問対応のエキスパート、

稲田担任助手です!

明日もお楽しみに!!

 

****************

 

 

2019年 7月 28日 【100年】大河原優希

どうも、大河原です!

前回の登場からだいぶ日にちが空いてしまった気がします…

最近はとても暑い日が続いていて、

冷たい食べ物が食べたいと思う毎日が続いています。

(ちなみに先日、

早稲田大学の近くにある図星という油そば屋さんで

かき氷を食べてきました!美味しかったです!!!)

 

さてさて、それでは、今回のテーマは

「過去問演習の進め方」

ですね。

私からは主に、

「量」を解くことの大切さ

についてお話ししたいと思います。

 

まず、テーマにもあるように、

私は第一志望だった早稲田大学の過去問演習を

推定100年分は行いました。

内訳は、

第一志望 文化構想学部 10年分×3周

第二志望 文学部 10年分×3周

第三志望 教育学部 10年分×2周

+自分が設定した目標に達していない年度分、

他学部の過去問

で、計100年分は解きました。

100年は言い換えれば1世紀ですね。

“過去問1世紀分”ていうと不思議な感じですね(笑)

 

なぜ、こんなに演習を積み重ねていたのかというと、

「絶対に合格したかったから」

です!!!!!

せっかく受験勉強に何カ月も捧げるなら、

絶対に第一志望に合格したいですよね?

後悔したくないですよね?

みなさんと同じように、

受験生の時の私も、そういう気持ちを持っていました。

ただ、どうしても不安もあると思います。

特に、二次・私大の過去問を解き始めると、

「全然時間が足りない」

「このレベルの問題が解けるのか」

といった不安も新たに出てくると思います。

その不安を少なくするのは、やはり

“演習”

だと私は思います。

「そんなに何回も同じ問題を解いて意味あるの?」

と思う人もいるかもしれませんが、

意味はあります!

他の担任助手も度々言っていることですが、

同じ問題を解くことで、

→傾向が掴める

→戦略を立てられる

という利点があります。

 

また、この演習量を確保できたのは何故かというと、

➀8月末にセンターレベルがほぼ完成していたから

➁実際に演習を行うための計画が立てられていたから

だと思います。

に関しては7月末に受講が修了していたことが大きいと思います。

7月末受講修了まであと3日!!!

修了判定テストまで終わらせましょう!

は自分が実際に解かなければいけない過去問を

書き出し、月単位で割って目安を決めることが大切です。

過去問のペースに悩んだら、担任助手に相談してください!

 

過去問は「大学からのメッセージ」です。

自分の志望校はどういった人材を求めているのかを

是非考えてたくさん研究してください!

 

ちなみに前回、松﨑担任助手が紹介していた

「間違えたノート」は私も作っていました!

このノートがあると、入試本番の空き時間に

自身の苦手分野のみを確認できるため、

とても効率がいいと思います!オススメです!

 

それでは、明日のブロガーは~?

絶賛夏休み中の谷口担任助手です!

東大生の過去問のすすめ方、

参考にしてください!

 

お楽しみに~

****************

 

2019年 7月 27日 【間違えたノート】松﨑広奈

 

こんにちは!

最近暑い日が続きますね…

松﨑は暑さにも、テスト勉強にもやられそうです。

そう言えば、皆さん私が所属しているサークル覚えていますか??

そう、フラシュモブです!!

実はこの夏休み、

ある地域の子ども達と

フラッシュモブを行ってほしいという

依頼があり、

テストが終わったら

その練習に取り掛かるんです。

依頼を受けて行うのは

1年生は初めてなので、

とても気合が入っています!!

さてさて、今回は

過去問の取り組み方がテーマという事ですが、

秋葉担任助手から始まり

今までブログを書いている担任助手の皆さん

全員

志望校の

傾向を掴むこと

分析をすること

が大切だと書いていますよね?

今日は、

分析をすること

に大きくかかわってくる

松﨑お勧めの勉強法、

’間違えたノートを作る’

という事について書いていきたいと

思います。

これはあくまで私のお勧めなので

取り入れるか取り入れないかは

お好みにお任せします!

まず、大前提として、

過去問の分析は

何年分か解いていかないと

出来ません。

1年分解いただけでは、

例えば日本史の江戸時代が

その年だけ重点的に出たのか

その大学が江戸時代が好きで

何年も江戸時代を扱った問題が出ているのか

分からないですよね。

だからとりあえず、

年数を重ねて傾向を掴んで下さい。

そしてそのあとに行う

分析ですが、

自分がいつも間違えるところが

あると思います。

もしくはさっきの江戸時代の例で挙げたように

何年も同じ分野が出ていることが

あると思います。

この時に作るのが

’間違えたノート’

です。

仮定法にどうしても気が付けない

と思ったら

文法書に戻って

仮定法について調べて

それを書き出してみてください。

古文の中でわからない単語があれば

意味を確認して

ノートに一覧を

作ってみてください。

また、

本当に私が体験したことなのですが、

上智大学の過去問を解いていた時、

3年連続で応天門の変が

大問1つ分出ていたことが

あります。

だから日本史は特に、

1つの分からなかった

出来事があれば、

その周辺の出来事も

一緒に調べると良いと思います。

(すみません文系なので例が文系の教科しか思いつきません)

こうやっ間違いノートを作っていき、

通学の時間や

ご飯を食べている時など

スキマ時間に少しずつ見直すことにより、

分からなかった分野・過去問への理解度も

上がっていくと思います。

これはセンター試験にも役立つと思うので

ぜひやってみてください!

さてさて明日のブログは~

 

大河原さんです!

早稲田生の過去問対策、

気になりますよね!!

お楽しみに~

****************