1月 | 2020 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ 2020年01月の記事一覧

2020年 1月 31日 【貪欲に諦めず】河内亮太

つい最近出てきた感じもする

千葉校のダイエッター

こと河内です(笑)

やっと大学の期末試験が終わりましたー(パチパチ)

これから冬休みというか春休み?に入ります!

 

この休みの期間に何をするかで

人生大きく変わりますが

僕はダイエットをより強化すること

畑担任助手が資格勉強を頑張っている

とのことなので僕も

TOIECの勉強を本格的に始めよう

かなと思います!

このブログを書いていると

皆さんの受験が佳境に入ってくるのと

僕の就活が近づいてきているんだなと

久久と感じますね笑

さて、今回のテーマは

『第一志望校と

その他の志望校の演習比率』

について書いていこうと思います!

 

いやーこの演習比率っていう部分が

難しいんですよね

第一志望校には勿論行きたいけど

安全校がないと心理的負担も大きくなる

と言ったところで

まずはですね

安全校は安全にしなければならないです

まぁ文字通りそうだろうっていうことなんですが、

言ってしまえば、

安全だとわかったら、

その志望校の試験1〜2日前に

各教科2年分ほど演習すれば問題ないと思います

そもそも安全校は

皆さんの模試やセンター試験からみて

安全だと判断できるとこなので

何だこれ。難しすぎるということはない筈です

なので

安全校は試験1週間前に各教科の問題を1年分解く→手応えによってだが基本的には直前の1〜2日で

2年分解く→安全校試験当日っていう感じです

次に、第一志望校の演習比率についてですが

僕個人の意見としては、毎日解く!ですかね

 

何故なら、第一志望校です。

皆さんが1年以上前、

もしかしたら高校に入ってすぐ決めていた 

志望校の対策は疎かにしてはいけないと思います

毎日といっても

第一志望校と同レベルの併願校の対策もしないと

いけないので

1日の半分とは言いませんが

3分の1程度は使っていいんじゃないかと思います

僕は今通っている明治大学が第一志望校でしたが

毎日欠かさず過去問に触れていました

毎日やっていても

それでも必ず分からない問題がでてくるので

参考書や解説を使って 

復習に時間を当てていましたね

第一志望校試験前日には

やりすぎて何をすればいいか分からないという状態になりほぼ勉強せず寝てしまいましたが

それぐらいの気持ちの余裕が

合格に繋がったのかなと思います

最後に

第一志望校と同レベルの併願校の対策ですが

少なくとも5年分は触れたいといった感じです

正直、第一志望校と同じ演習料をこなさなきゃと

思っているとどれも中途半端で

最悪の結果を招く可能性があるので

あくまで第一志望校を中心に割り切って

勉強するのが1番の合格の秘訣かなと思います

これから私大入試が始まり

国立試験までは1ヶ月を切りました

貪欲に最後まで諦めずに頑張っていきましょう!

以上、千葉校のダイエッター河内でした!

来月では、衝撃の報告があるかもしれません!?

お楽しみに!

次回のブロガーは

 

朝食ラーメン・昼飯ラーメン・夜飯ラーメンという

いつかの誰かさんを思い出させる食生活の

佐藤担任助手です!!

そろそろダイエッターの称号を渡したいですね…笑

お楽しみに!

******************

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

(0120-104-564)


2020年 1月 30日 【新高3・高2生へ】 渡辺明彩香

 

みなさん、こんにちは!

 

私事ですが、おととい大学の試験が全ておわりました!

この1か月の間、かなり大変でしたが

ようやく終わってホッとしています。

 

私の大学では、過去の試験問題が公開されているので

私も東進生と同じように「過去問演習」をたくさんして対策をしました(笑)

やはり過去問はとても大事な存在ですね!!!

 

 

というわけで、今回私は、他の担任助手とは少し違いますが

新高3・新高2のみなさんにむけて

「同日模試の活用方法」

について書きたいと思います。

 

新高3・新高2生のみなさんは、先日1/18、19に、センター試験同日体験がありましたね。

新高3生にとっては入試までちょうど1年前、

新高2生にとっては2年前というタイミングで、本番と同様の範囲・レベルの問題を解いたと思います。

 

問題を解いてみて、実際、どうでしたか?

同日体験受験をするにあたって、それぞれ目標点は立てたと思いますが、実際の得点と比べてどうでしたか?

全ての人に言えるのは、

第一志望校に合格するためには、

1年後(2年後)に、本番で、目標点をしっかりとこえなければいけない、ということですね!

 

そのため、皆さんにやってほしいのは、

①同日体験受験の結果を細かく振り返って、

②今後の具体的な勉強の方針をたてる

こということです。

(HRでもきいていると思います!)

 

これらをやるうえで、私からはちょとしたアドバイスをしようと思います!

 

①結果の振り返り

結果を振り返るときに活用してほしいのが、「成績表」なんです!

 

「結果を振り返る」ときは、

教科ごとの総得点と志望校判定ばかりに注目するのではなく、

間違えた問題の種類まで、1問1問みていく

ことが大切です。

 

東進の模試の成績表には、各教科ごとのページに

その問題がどの単元・ジャンルの問題なのかを示した「出題項目」が載っています。

そういった細かいところまで見直して、

「この単元、全然勉強が進んでいないな」

とか

「今の自分はこういう問題が間違えやすい」

「ここが意外と得意なのかもしれない」

というのが、見えてきます!

 

また、②今後の勉強の計画を立てるときは、

数字期限をはっきりとを決めておくことがおすすめです。

結果を振り返れば、各教科勉強しなければいけない、ということは分かったと思います。

ただ、なんとなく

「英単語を強化する」

「数学の教科書レベルをとりあえずやる」

と決めていても、その週、その日になにをやるかがわからないと、

なかなか実行できないものです。

 

「英単語の力をつけるために、完修した高マスの修判を、常に90点以上取れるようにする→この状態を3月末までにつくる」

「この問題集で、◯割以上とれるように、毎日◯問ずつ進める→今月中に達成する」

など、「期限」と「数字」をとりいれて計画を立てると、

具体的にやることが分かって、実行できると思います。

 

 

新高3生は、入試まであと352日です。

 

せっかく2日間時間を使って受験したのですから、

細かく振り返って、第一志望合格につながる勉強をするために役立てていきましょう!

 

 

 

明日のブロガーは…

 

 

 

河内担任助手です!

お楽しみに!

 

******************

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

(0120-104-564)


2020年 1月 29日 【最後が肝心】小塚壮人

皆さんこんにちは!

担任助手の小塚壮人です!

 

センター試験も終わり

いよいよ一般試験という時期になってきました。

センター利用の判定もそろそろ出ると思います。

結果が気になる人もいると思います。

 

今センターのことを気にしても、

もう結果は変わりません。

今から変えられるのは、「二次試験の結果」です。

ただ、残り時間の少なさを考えると、

「今何ができるのか」

をしっかりと考えることが大切です。

 

では僕が実際にやっていた

最後にやるべきことをを紹介したいと思います。

 

英語

「英単語」

語彙力は最後の最後まで伸ばしましょう!

最後に学習した単語が試験に出ることも考えられます。

試験直前はやみくもに問題を解いていくより、

語彙力を伸ばした方が点を取れる可能性は上がります。

 

国語

「古文単語、古文常識」

これも英語と同じで語彙力を上げることで読める文も増えるはずです。

直前にもう1度単語帳を見直してみて、

忘れている単語がないか、

細かい意味の違いを押さえられているか

などを確認してみてください。

あとは古文常識を確認することで

スムーズに文を読み進められるようにしましょう。

 

「現代文単語、漢字」

一般試験の現代文では

単語の意味がわからないと

全く解けない問題も存在します。

それらの問題も解けるように現代文も

語彙力をあげて対処しましょう。

また、現代文単語帳に書いてある語句は

本文に出やすい語なので、

漢字として出されることも予想されます。

なので語句の意味と漢字の両方を覚えておくことは

一石二鳥です!

一般試験の語彙力の問題だったり、

漢字の1〜2点の配点は合格を

大きく決定づけます。

その問題を落とさないためにも対策は十分にしてください。

 

日本史

日本史は、もう1度通史を確認しましょう。

細かいところまで詰めていくと意外と

基本的なところが抜けてしまうことがあります。

 

 

直前期にやるべきことは基礎です!

細かい知識まで詰めることは大事ですが、

あくまで試験は基礎が6〜8割出るということを

忘れないで学習してください。

難しい問題をやるのではなく

基礎をしっかりと確認し直して、

自信をつけてから本番に

臨んでください!!

 

相談したいことがあったらすぐに

担任助手などに相談してください!

皆さんの健闘を祈っています!

 

 

明日の担任助手は

渡辺担任助手です!

 

皆さんに有益なアドバイスをくれると思います!

明日も見てくださいね!

 

 

 

******************

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

(0120-104-564)


2020年 1月 28日 【後悔しないように】船木隆道

みなさんこんにちは!
船木です!

 

最近テストが続いていてジムに行けていません…
お腹に脂肪がのってきました…
このままではやばい!!


春休みしっかりと動きたいと思います!!
みなさんも勉強の合間の散歩やランニングなどリフレッシュしてみてはどうですか??
血行が良くなると頭の回転も良くなり眠気も覚めるのでお勧めです!

 

さて、今回のブログは
受験生の時にやっておけばよかったと後悔していること
を伝えたいと思います!

 

 

僕が受験を終えて今までを振り返ったとき

一番最初に思い浮かんだことが
まだできたな
と思いました

つまり
自分の中でやり切ることができなかったのです


合格の有無にかかわらず、やり切ることが出来なかったという事実は結構引きずります

だからもう1年頑張るかどうか本当に迷いました
やりきれなかったからもっと頑張りたいと思う一方で、

また同じ結果になるのではないかと不安にもなりました

じゃあ今、当時の勉強を見直したとき
どうすればよかったかと考えたら

 

わからないんです
不思議なことに笑

あの頃の自分は100%努力をしていました
本気で受かるつもりで努力していたし、

東進や学校で頑張っていました
それは自信を持って言えます

しかし

終わったときに後悔が残るということは

その努力は100%の努力ではなかったということです
自分の中での満足は案外大したものではないんですよ

 

受験期の僕はそのことをわからず

ただ自分の基準で勉強を進めていたから

後悔が残ったのではないかなと思いました

 

今回ブログを見た皆さんは
自分の中での100%は超えられる

ということを頭に入れながら

残り少しですが全力で駆け抜けてください
そして全てが終わったときに


なんの後悔もなく終えられることを
祈っています

少しでも不安になったら受付にいる担任助手の人たちに相談して下さいね!

 

明日のブログは

小塚担任助手です!!

受験本番の今だから役に立つ情報を伝えてくれると思います!必見です!

 

 

******************

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

(0120-104-564)


 

2020年 1月 27日 【国立志望の人見て!】松戸琢磨

こんにちは!

松戸です!

昨日のブログで藤木担任助手が

「勉強が大変」

的なことを言ってましたが、

実は自分も今週からテストラッシュで、

毎日勉強に追われています。

まぁでも藤木担任助手に比べたらちっぽけなもんですよね。

国家試験の勉強なんて考えられないです…

 

それでは今日のテーマのほうに移ります!

今日から新テーマになります!

たくさんあるのですが、

自分からは、

「国立志望の受験生に向けて」

話したいと思います!

国立大学に通っている担任助手は多くはないので、

しっかりと伝わればいいなと思います。

 

国立大学の入試まではまだしばらくありますが、

それまでに私立大学の入試がありますよね!

でもあくまで国立が本命なので、

私立の試験勉強にはなかなか

手が回らない人もいるかもしれません。

では実際にどれくらいの配分で勉強していればよいのか、

あくまで一つの意見にはなりますが、

今は1:1でいいと思います。

国立:私立=1:1

です。

理由としては、

・国立の対策は欠かせない

・私立の対策は少なくとも過去問3年分×2周は必要

だからです。

本音は国立だけをやっていたいです。

 

センター試験までに皆さんは、

・センター試験過去問10年分×2周

・国立大学過去問10年分×1~2周

(・私立併願校過去問1~3年分ずつ)

をしてきていると思います。

 

これから完了させておきたいことは、

・国立大学過去問10年分×2周

・私立併願校過去問3年分×2周ずつ

です。

 

やはり、国立大学の過去問を解くのには時間がかかるので、

削るわけにはいきません。

しかし、私立の過去問は先ほど言った量をこなす必要があります。

また、私立大学入試までには時間がないので、

1:1がベストではないかと思います。

 

私立大学入試が全日程終わったら、

国立対策が存分にできます!

自分の場合は、

もうやることがない!

というくらい時間がありました。

私立が終わってから国立の入試までは1週間もありませんでしたが、

丸一日勉強できたので時間的には十分でした。

 

私立大学入試が終わるとどれだけ余裕が出るかを

皆さんはまだ知らないと思いますが、

安心して私立入試の準備をしてください。

 

それでは今日はこのくらいにしておきます!

 

明日のブロガーは、

船木担任助手です!

うん!

マッチョですね!

 

******************

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

(0120-104-564)