ブログ | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ 

2019年 10月 5日 【志望校別単元ジャンル演習】 森岡亮太


こんにちは!

この前自動車教習所を卒業した森岡です。

あとは筆記試験を通れば運転免許がとれます!

早く運転したくてウズウズしてます(笑)

 

さて、今回のテーマは、

志望校別単元ジャンル演習

についてです!

 

今回は、単元ジャンル別演習のメリットとデメリットに分けて話そうと思います!

 

まずデメリットについてです。

 

・添削が返ってくるまでに間があいてしまう。

 

問題を解いて、提出して、答案が返ってくるのは数日後になります。

 

その時にはどんな問題だったか忘れていて、

てきとーに点数だけ見ておわり

となりがちです。

 

それでは単元ジャンル別演習の効果が薄れてしまいます!

返ってきた答案は、ちゃんと見て、

自分の力になるようにしましょう!

 

・AIの分析が外れてるときがある。

どうしても、模試や過去問のデータだけでは正確なものは出せません。

 

おそらく、自分の苦手な分野は、自分で分かっている人が多いと思います。

 

単元とレベルごとに問題が分けてあるのはとても便利なので、

自分に合った使い方をすればすごく力がつくと思います!

 

AIはほどほどに頼りましょう!

 

次にメリットです。

 

・添削をしてくれる。

 

僕はこれが一番ありがたかったです。

 

記述の問題は、どうしても自分で採点するのが難しいと思います。

 

添削をしてもらうと思いがけないところで減点されていたりするので、

自分では気づかないことが分かります。

 

あと、これは主に数学についてですが、

添削されると思うと、答案をいつもより気合を入れて書けます。

 

問題集を解いていたりする時は、あまり日本語の答案を書かず、

雑に途中式だけ書いてしまう人もいると思います。

 

当たり前ですが、入試本番はきちんとした答案を書くので、

その練習をいっぱいした方がいいに決まってます。

 

単元ジャンル別演習をやる時はきちんと答案を書くと思うし、

出来れば普段の勉強からきちんと答案を書くということをやった方がいいと思います!

 

・単元、レベル別に過去問が分かれている。

 

これは本当に便利です。

 

自分の苦手な分野や、自分の志望校でよく出る分野の問題がたくさん探せます。

 

過去10年分の問題があるので、問題数はかなり多いです。

 

レベル別になっているのも、すごく良いです。

 

 

という感じで志望校別単元ジャンル演習についていろいろ話しました。

 

使い方次第では、すごく便利だし、めちゃくちゃ力がつくと思います!

 

正しく使って、自分を伸ばしましょう!

 

明日のブログは、

 

山田担任助手です!

 

********************
 
全国統一高校生(中学生)テストの申込がはじまりました!
 
高1生はこちら↓
 
高2生はこちら↓
 
高3生はこちら↓
 
中学生はこちら↓


下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)


 

 

2019年 10月 4日 【昼間は暑いよね?】浅野智也

※この文章は約2分半で読めます

 

こんにちは!こんばんは!

用担任助手からもあった通り髪を切りました浅野です

切ってから前がよく見えるんですね〜

僕の天然パーマは切ったすぐの頃は髪が整って(※主観)

ちょっとでも伸び始めると

クルクルなってしまうので扱いづらいんですよね

来世はさらさらストレートになりたい…

ちなみにブログの題名は昨日の用担任助手のブログから

「その中の人がブログのタイトルって無視されがちだから

それをちょっと関係ないことだったり

違うテイストで書くと読んでもらえるかな!」とあったので参考にしました 笑

 

 

さて!用担任助手からのプレッシャーを感じますが

本題を話していきたいと思います

今回のテーマは

低学年向け 模試の復習方法 -数学編-

です

昨日用担任助手のブログで話していた

「解答解説をじっくり読んで1つ1つの文章が何をやっていくことなのかを理解する」

「解き直しをすることで『暗記』をしてしまった部分を洗い出して『理解』に変える」

の2点はとても大切ですね

僕は

復習とは何か

上の2点を深掘り

したいと思います

なので昨日のブログを見ていない人は

まずは昨日のものを見るとわかりやすいです

 

 

まず復習とは

次に同じような問題が出たときに解けるようにする

ことです。

「同じ」ではなく「同じような」です

この違いが、なんで分析(復習)が必要なのかを表しています

同じだったら暗記でいいんですね

受験において数学は、同じ問題は出ません

ですが

同じような問題しかないです

 

具体的な問題で話してから

どこが上の2点に当てはまるのかを示します!

 

下は問題とその解説です。解説の後に話していくので

問題と解説は飛ばして大丈夫です◯

 

 

まず

1つ1つの文章が何をやっていくことなのかを理解する

から説明します

 

「AP=p、AQ=q、DR=rとおく。」とありますが(こんなところから分析します 笑)

これは解いていく中でそのままAP、AQ、DRで進めていくと

解答用紙が見づらくなって計算ミスが起こる可能性があります

置き換えた方が簡潔で見やすいですね

さらに「(△APQの面積)=1/3となる条件は」とありますが

これは問題文の条件を用いています

問題文には条件があることがほとんどなので

条件を見抜くことが必要であることがわかります

話が逸れてしまいますが条件に気づいても

それをどうすればいいかわからない!という方は

数学的言葉を数式に変換できない可能性があります

この話は以前書いたのでURL貼っておくので見てください!

 

【数学のHANASI】

 

次に

解き直しをすることで『暗記』をしてしまった部分を洗い出して『理解』に変える

を説明します

これは僕の個人の意見でしかないという前提で話します

 

暗記も理解も覚えることです

でも理解をすると記憶に長く残ります

じゃあ暗記と理解の違いって何?っていうのは

暗記はその問題の解き方だけ覚えること

理解はその問題を分析して他の問題との共通しているを覚えること

だと思っています

 

理解をすることで

違う問題を解いていても本質的に同じ問題を解いていることになります

 

何度もやればだんだん覚えて行きますね

 

最後に、言いたいまとめると

 

復習とは問題を分析すること 分析をしよう!

です

 

以上!

 

明日のブログは〜〜〜

 

 

単元ジャンル別演習の使い方を聞ける!?

僕が最近かなり頼っています

森岡担任助手です

お楽しみに!

********************
 
全国統一高校生(中学生)テストの申込がはじまりました!
 
高1生はこちら↓
 
高2生はこちら↓
 
高3生はこちら↓
 
中学生はこちら↓


下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)


 

 

 

 

 

 

 

2019年 10月 3日 【最近涼しくなってきたよね!】用

みなさんこんにちは!用です

ブログの題名を見て頂けたでしょうか?

ちなみに題名はこれから書いてあることと全く関係ないです(笑)

なぜそんなことしたの?というとですね、

この前、夜テレビを見ててですね、その中の人がブログのタイトルって無視されがちだから、それをちょっと関係ないことだったり、違うテイストで書くと読んでもらえるかな!

 

と思っているそうなので、そのようにしました笑

(これ、誰が言ってたかわかる人はこっそり教えてください笑笑)

まぁそのようなとこまで読んでもらえたら嬉しいです!

と、いうことで本題へ!!

今回は「低学年向け 模試の復習   〜数学編〜」

というわけでですね、みなさんもすごく点が取りずらくて悩んでいる人が多いであろう数学についてです!!

 

数学って(1)とか(2)とかが出来ないと、そのあとの問題が全滅してしまうという、、

なんとも恐ろしい科目であったりします

 

模試で(1)が出来なくてそのあとの問題にたどり着けないー

という声も多く聞いたことがあります

 

そんな時の復習方法ですが!

1度、解答解説をじっくり読んでしっかりと一つ一つの文章が何をやっていることなのかを理解して追っていってください!!

 

読んでもよくわからないときは、解説授業ですね!先生達の実際の解き方というのをよく聞いてみてください!!

 

そして、「わかった〜!」と思ってからが大切です

 

ここで次の作業をするかしないかで「模試の復習の質」が雲泥の差となってしまいます

 

それは、「解き直し」です

まぁ、みんな『そんなのやってるわ。』と思うかもしれませんが

ほんとに大切これ

 

上に書いた通り、解説を理解したと思ってから

その直後に解き直しをしてみた時に

ホントに手順が理解できている時は当然、数分前に読んだ解答を導くことはできますよね?

ただ、少しでも自分の中で曖昧な箇所があるときはたった数分前にわかったと思っていた問題が解けなくなってしまうんです!!

 

つまり、『理解したつもり』になっていると

これは非常にまずい!

 

これは後々とても痛手となってしまうので早めに潰しておきましょう

ただこのとき直しの時の注意点ですが、ただの「解法暗記」はだめですよ

数学は暗記科目ではないので、、、

暗記では応用に全く対応できません

とここまで言いましたが、これをやるためには模試を受けないとダメですよね!

低学年の皆さん、まだ受験生じゃないしいいや〜

と、思わずにしっかりと模試をうけてくださいね!必ず皆さんの『力』になります!

 

さて、それでは明日のブログはあああ!

 

こいつだぁぁぁ!!

浅野担任助手です!!

髪を切ってね、さっぱりしてね、気分のいいことでしょうか!

凄まじい数学の復習極意を教えてくれます!

おたのしみに!

 

********************
 
全国統一高校生(中学生)テストの申込がはじまりました!
 
高1生はこちら↓
 
高2生はこちら↓
 
高3生はこちら↓
 
中学生はこちら↓


下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)


 

2019年 10月 2日 【〇〇すべし】大河原優希

どうも。大河原です。

最近登場したと思ったら、

また出てきましたね。(笑)

「またかよ」って思うかもしれませんが、

おおめに見てやってください。

 

昨日の佐藤担任助手の紹介にもあった通り、

前回のブログにもありましたが

イギリスから帰国しました!

イギリスのお話はいくらでも出来るので

気になる方はわたしに是非是非

直接聴きに来てください!!

待ってます!!!

 

さてさて、それでは、

今回のテーマは、

「模試の復習方法〜英語編〜」

ということで、

皆さんには模試の復習方法について

お伝えしたいと思います。

昨日の佐藤担任助手のブログには

復習は当日に行うこと

解説授業を受けること

の2点がポイントとして書かれていましたね。

この2点はとても大切なことだ思います。

(みんな、絶対やってね!!)

私からは、

特に英語の復習方法を紹介します!

 

今日のポイントは、2つです。

①読み間違いをした箇所は構文を理解すべし

②リスニングの復習では必ずスクリプトを

読むべし

この2点について、お話ししていきますね。

 

まず

①読み間違いをした箇所は構文を理解すべし

特にセンター模試などで

読み間違いをしてしまった場合、

「悔しい、単語も熟語も文法も

わかってるのに、なんで読み間違い

なんてしたんだろう?」

と思う人も多いと思います。

このケースでは、原因は大きくふたつに

分かれるのではないでしょうか。

⑴単に時間が足りずに焦ってしまった

⑵構文が理解出来ていなかった

という原因が考えられます。

時間が足りなかった場合、

自分の時間配分を見直し、戦略を立て直して

演習を積めば、

大抵は、得点upに繋がります。

しかし、後者の場合は、

原因として、この要素を考えずに

スルーしてしまう人が多いため、

次の模試でも、大幅な得点力向上は

望めません。

構文が理解出来ていないということは、

これからの時期(高3の夏休み以降)、

国立二次や私大の過去問を

解いていく上で、致命的なことだと

私は思います。

国立二次・私大の過去問は、

単語を覚えていれば解ける、

熟語・文法が分かれば解ける、

といった問題もありますが、

構文を読み解かせる問題も多いです。

逆に、文法までの基礎的な知識を固め、

構文を読み解く力をつけていれば、

レベルの高い問題にも戦えるだけの力は

持っていると思います。

品詞分解までするくらいの勢いで、

英語の模試も復習しちゃってください!!

 

つぎに

②リスニングの復習では必ずスクリプトを

読むべし

これに関するロジックは簡単です。

よく言われていることですが、

話せない英語は聞こえない

ですよね!?

スクリプトを確認し、

音源と同じくらいの早さで

話せるようになった時、

その文章のリスニングがやっと出来るように

なると思います。

 

ということで、

今回は、英語の模試の復習方法を

紹介しました!

 

それでは、次回のブロガーは〜??

用担任助手です!

次は違う教科の模試復習方法が

聞けちゃうかも!??

明日もお楽しみに〜

********************
 
全国統一高校生(中学生)テストの申込がはじまりました!
 
高1生はこちら↓
 
高2生はこちら↓
 
高3生はこちら↓
 
中学生はこちら↓


下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)


2019年 10月 1日 【担任助手対談 河内×松﨑】

 

河内:お願いしまーす

松﨑:お願いしまーす(終始笑ってる)

河内:今回はですね、明治大学の魅力ということでですね、河内担任助手と

松﨑:松﨑が

河内:えー、語りたいと思うので拙い日本語ですがお聞きして頂ければと思います、お願いします。

 

明治大学の魅力について!

河内:じゃあまず最初に和泉キャンパスの魅力!受験生の中で明治のイメージと言えば御茶ノ水・駿河台キャンパスだと思うんですけど、ここには落とし穴がございまして 

松﨑:(笑う)

河内:1,2年は和泉キャンパスの方で過ごしてもらうことになるんですよ。和泉の魅力はですね、タピオカ屋があるくらいですかね(笑)

松﨑:でも図書館…

河内:あーそうだ。えっと明治は駿河台と和泉とこれから広奈が紹介する中野キャンパスの3つがあるんですけど、その中で言ったら一番大きくて4階建ての近代的な感じになってて、生徒証をかざす自動改札的なのがあるんですけど

松﨑: 中野もです(笑) 

河内:う、うん…(笑)で、在書数も多くてすごい図書館です!あと和泉は学食が広いのでメニュー豊富でオススメできる場所です。 

松﨑:中野キャンパスはとにかくきれいなんですよ!和泉は広いから移動が大変だと思うんですけど、中野は縦に広がってるので移動が楽です。でも図書館は小さくて 

河内:どれくらいなの? 

松﨑:東進くらい!

河内: えーそうなんだ!

松﨑: はい。なのでめちゃくちゃ狭いのであんまりです(笑) 

河内:食堂は?

松﨑: カレーがめちゃくちゃ美味しいです!和泉の人が言うには中野はめちゃくちゃ頑張ってるらしいです、よくわかんないんですけど(笑)

河内:この前自分中野キャンパスに行ったときにコンビニと食堂がつながってて便利だなと思いました!

松﨑:あと中野は国際日本学部があるのでラーニングラウンジっていう留学生の人と話しながらご飯食べれるところがあるのと、最上階にある先生の部屋に決まった時間に行くとそこでチャッティングができるっていう…(笑)

河内:やば、すごい…

松﨑:私はラーニングラウンジは何回か行ったことありますよ!

河内:国日さすがですね(笑)

松﨑:商学部の魅力は何ですか?

河内:とにかく自由!!必修が語学系しかなくてあとはご自由にって感じなので授業選びを失敗すると単位が取れなくて、和泉返しっていうお茶の水と和泉を行ったり来たりしなくちゃいけなくなります… で、明日成績公開なので… 

松﨑:そうだあ!!忘れてた!!(笑)

河内:ちょっとひやひやしてます(笑) 松﨑さんはどうですか?

松﨑:国際日本なので英語をめちゃめちゃやるんですよ。英語の必修がめっちゃ多くて週6で授業があるんですけど、クラスが18人とかの少人数でそのクラスで1週間とか過ごすので仲良くなりやすいです!明治はマンモスっていうイメージだと思うんですけど全然そんなことはないです。

河内:色んな人とふれ合いたい人は和泉で!(笑)

松﨑:今年から全学部になっちゃったんですけどディズニー留学があってフロリダかカリフォルニアのディズニーに行くんですよ!それに行って単位を落とすことはないのでディズニーに行きたい人は国際日本学部に来てください! あと、国日は日本語の授業があるので日本語も完璧になります(笑)

河内:いや、でも我々は東進の中でも1,2を争う日本語の下手さだと思う(笑)

松﨑:いやいや(笑) 後期から文章表現があるので…

河内:俺もそれやったもん、それでこれだよ?(笑)

 

お互いの印象は?

河内:そろそろ次行きますか。 お互いの印象かあ。担任助手になって真面目だと思ったんですけどねえ(笑)

松﨑:え、真面目ですよ?(笑) 私も河内さんは真面目な人だと思ってました。眼鏡かけてたじゃないですか!

河内:確かに。じゃあ真面目に見られたい人は眼鏡を掛けましょう!これ絶対に使われないじゃん…(使いました)

松﨑:担任助手になってからは…河内さんいじられてるじゃないですか(笑) や、でも優しい!優しいと思います!!とても!!!

河内:フォローがな、雑なんだよな(笑) 広奈はねー、広奈が受験生のときは本当にきっちりしてるなって

松﨑:いや、それは嘘。

河内:ほんとほんと!毎日朝登校してたし演習もすごい積んでたし… ずっと担任助手になって欲しいなって思ってて。鑑だから。いざなってみると俺と似てるなって思った(笑) 日本語力がないのが分かるんですよ、話が進まないというか

松﨑:(めっちゃ笑ってる)

河内:だから明治は日本語力がやばいと思われてるだろうなって心配してます(笑)

 

入試の傾向&合格するためのポイント!

河内:そしたらえーっと、あ、これは参考になるかもしれないな。俺は第一志望で決めてて、広奈は国立の併願だったからね。

松﨑:そうですね。

河内:明治を志望する人は早稲田のすべり止めの人も多いんですよ。でもそれじゃ甘いなと思ってて。周りでも僕より頭良くて早稲田に受かるような人も明治落ちちゃってたんで、結局は学力の差じゃなくて対策の差かなって思いますね。勉強の仕方はとにかく基礎固めて、焦らずに。自分はラグビー部だったんで夏も部活があって夕方くらいから基礎基本の徹底をしてましたね。だから、私立が難化してるこれからは今まで以上に対策量が大きく合格に関わってくるかなって思います。

松﨑:私は、明治の国際日本学部は英検準一級を持ってると英語が満点換算になるので、それを使って明治大学を受けました。 過去問が結構できたのでこれはいけるなって思って入試を受けたら、日本史が全然わからなくて!私の第一志望の国立ではあまり出題されない範囲の問題が出てきちゃって、それでやばいってなったんですけど… でも国語が難しい年だったので難しいなりに解けた手ごたえがあったので半々くらいかなって思ってました。

河内:国語得意だったもんね。

松﨑:そうですね、小さい時から本読んでたので!

河内:大事!!低学年におすすめしたい!!

松﨑:でもやっぱり英語の満点換算が大きかったかなと思います。

河内:低学年の皆さん、英検は使える場面が多いので本当に大事です。暇だなって思ってる人受けてください。明治の問題のレベルは教科書に書いてあるくらいのレベルだから、あんまり難しい単語帳とか参考書はいらないかなって思います。日本史は少し難しいって聞くけど、世界史は結構まんべんなくやれば大丈夫かな。日本史はどの大学も重箱の…角を…つついたような(笑)問題が出るらしいので、選択する人は+αで少しやると良いかなと思います。

松﨑:本当にその大学の対策をしないと受からない!!

河内:ね、対策の量がすごい大事なので受験生も低学年も志望校決めと過去問対策は早めに!!

 

明治を目指す学生にひとこと!

河内:明治はすごく楽しいし、早稲田と比べられることも多いんですけど、ラグビーで優勝したりして今めちゃくちゃ注目度上がってるんで是非来て下さい!応援してます!!

松﨑:私は入る前までチャラチャラしてるイメージだったんですけどそんなことなくて、特に中野は留学生も多くて刺激をもらえるし視野が広がるのでおすすめです!すごく楽しいです!!

 

 

拙い日本語でしたが最後まで読んでいただいてありがとうございました。